事業活動

研究助成選考結果 平成26年度

I. 看護学研究奨励賞

8件の応募があり、審査の結果以下の7件を採択した。

藤野 ユリ子(福岡女学院看護大学)

論文名

Effect of Information and Communication Technology on Nursing Performance


掲載雑誌

Computers, Informatics, Nursing 31(5), 244-250,2013

富永 真己(京都橘大学)

論文名

Stigma towards nurses with mental illnesses : A study of nurses and nurse managers in hospitals in Japan


掲載雑誌

International Journal of Mental Health Nursing

千葉 理恵(自治医科大学)

論文名

The concept of "benefit finding" for people at different stages of recovery from mental illness; a Japanese study


掲載雑誌

Jounal of Mental Health

川上 明希(日本赤十字看護大学)

論文名

Relationship between non-adherence to aminosalicylate medication and the risk of clinical relapse among Japanese with ulcerative colitis in clinical remission : A prospective cohort study


掲載雑誌

Jounal of Gastroenterology

大橋 久美子(聖路加国際大学)

論文名

Effects of early morning care, named "Comfort upon Rising" care, on postoperative orthopedic ambulation and morning activity


掲載雑誌

Japan Journal of Nursing Science

長松 康子(聖路加国際大学)

論文名

Impact of a Nursing Education Program about Caring for Patients in Japan with Malignant Pleural Mesothelioma on Nurses' Knowledge, Difficulties and Attitude : A Randomized Control Trial


掲載雑誌

Nurse Education Today

石光 芙美子(目白大学)

論文名

Nursing intervention using light for prevention of postoperative delirium : A randomized controlled trial.


掲載雑誌

J.Ochanomizu Asso. Acad. Nurs.

II.若手研究者研究助成

20件の応募があり、審査の結果以下の10件を採択した。

飯尾 祐加(兵庫医療大学)

研究テーマ

呼吸トレーニングによる若年女性の冷え改善およびリラクゼーション効果

岡田 公江(兵庫医療大学)

研究テーマ

正常妊婦における血圧と睡眠の関連-妊娠高血圧症候群予防に向けた健康教育の基盤構築-

後藤 慶太(茨城キリスト教大学)

研究テーマ

糖尿病性神経障害を予防・改善する積極的看護介入の確立に向けた試行研究-糖代謝異常を有する患者に対する4週間の Slow Breathing Exercise が生体にもたらす生理学的効果-

村田 洋章(東京慈恵会医科大学)

研究テーマ

日本語版-主観的睡眠調査票(J-RCSQ)の信頼性と妥当性の検証

坂口 由紀子(日本医療科学大学)

研究テーマ

遺伝性希少難病児の死を巡る家族移行の概念化とシームレスな支援プログラムの検討

尾栢 みどり(日本赤十字北海道看護大学)

研究テーマ

妊娠期の妻への夫の関わり要因

大田 博(梅花女子大学)

研究テーマ

看護師の継続教育における情報行動に関する基礎的研究

山岸 直子(東京医科大学)

研究テーマ

一人暮らしの高齢2型糖尿病患者の自己管理支援モデル開発のための基礎的研究-一人暮らしの高齢2型糖尿病患者の自己管理の実態解明-

山居 輝美(梅花女子大学)

研究テーマ

外傷性高次脳機能障害者家族のエンパワメント強化のための情報提供のあり方と現在の課題

笠原 順子(関東学院大学)

研究テーマ

地域在住高齢者の主観的健康観と関連要因に関する研究

III. 国際学会発表助成

3件の応募があり、審査の結果以下の1件を採択した。

笠原 康代(昭和大学)

論文名

Nursing students' awareness of hazards in nursing practice
看護場面における看護学生のハザード知覚


学会名

28th International Congress of Applied Psychology


開催地

フランス・パリ

一般社団法人 日本私立看護系大学協会

〒102-0074

東京都千代田区九段南4-6-10 近清堂ビル6階

TEL 03-6261-2071 FAX 03-6261-2072