委員会活動

研修会・セミナー

レポート

変革期の大学における教育のリーダーシップ、教員の育ちについて考える

開催日時 2016年10月2日(日) 09:00 〜 17:00
会場

東京国際交流館プラザ平成 3階 メディアホール

概要

社会の変化、大学改革の方針が打ち出される中、看護系大学の急増は、教員の量的確保ばかりでなく、教員の質保証の障害となっている。質・量ともに変化が求められる中、あらゆる職位に於いて、教員の教育に関する課題は存在し、解決が急務である。中でも教員組織全体の意識・教育力に大きく影響を及ぼす管理、教員教育をする立場にある教員(近い将来その立場になる教員)が重要であると考え、今年度はこの職位に焦点を当て、教育のリーダーシップ、教員の育ちテーマにセミナーを企画した。


参加者は44名。ほとんどが、在職10年以上の教授、学科長、学部長であった。反応は「日頃問題と感じていた事柄の核心に迫ることができた。」、「大学組織のリーダーの在り方を考えるきっかけになった。」という点に集約される。グループデイスカッションを行ったことは、各大学の情報交換や課題を共有する者同士のネットワークづくりになった。継続して企画を希望する声が出ていた。


研修全体の評価については、「大変役に立った」と答えた回答者と「役に立った」と答えた回答者を足した人数は28人であり無回答者を除き全体の100%であった。


プログラム

9:00~受付
9:30~ 9:45挨拶、オリエンテーション
9:45~10:30基調講演;

「大学・学部のリーダーの責務と役割、有効な大学組織作りに向けて」
小川 哲生 先生(学校法人いわき明星大学理事長)

10:40~12:30パネルデイスカッション;

「 私が期待する看護学教育における管理者のリーダーシップ」
パネリスト;
宮子 あずさ 先生(東京女子医科大学大学院非常勤講師)
松澤 和正 先生(帝京大学教授)
藤井 徹也 先生(聖隷クリストファー大学教授)
山中 純瑚 先生(甲南女子大学教授)

12:30~13:20昼食
13:20~15:00グループディスカッション 

講演、パネルデイスカッションをふまえて、問題提起や情報交換

15:00~15:15コーヒーブレイク
15:15~16:30

グループデイスカッションの話題発表、まとめ

17:00挨拶、閉会

一般社団法人 日本私立看護系大学協会

〒102-0074

東京都千代田区九段南4-6-10 近清堂ビル6階

TEL 03-6261-2071 FAX 03-6261-2072

E-mail jpncs@jade.dti.ne.jp