組織の概要

組織の概要

日本私立看護系大学協会について

沿革

本協会は、名誉会長故日野原重明氏の呼びかけにより、私立看護大学・短期大学の学長方による結成準備会が1976年(昭和51年)7月13日に開催され、同8月2日の設立総会において、名称を日本私立看護大学協会とし、「わが国の看護教育の高等教育機関としての私立大学の責任の重要性に鑑み、大学相互の提携と協力によって大学の振興をはかり学術と教育の発展に寄与し看護高等教育機関の使命達成」することを目的とし、会員校11校(大学2、短期大学9)で発足いたしました。


 看護学を含めた医療の急速な学術的・実践的進歩と看護に対する社会の要請に応えるべく、私立看護系大学・短期大学の建学の精神を全うするための課題の解決に向けて、各種調査、生涯教育のための看護リフレッシャー・コースやFDセミナーの開催、看護婦(師)国家試験問題についての意見書を厚生労働省へ提出し、その他記念行事など事業を行ってきました。


この間、1998年(平成10年)7月3日の総会において、日本私立看護系大学協会と名称を改め、2009年(平成21年)12月1日に一般社団法人化し、現在に至っています。

一般社団法人 日本私立看護系大学協会

〒102-0074

東京都千代田区九段南4-6-10 近清堂ビル6階

TEL 03-6261-2071 FAX 03-6261-2072